喫茶店のとなりは本屋

写真の腕を上げるつもりはありません。使っているカメラは初心者向きで十分です。でも、写真をたくさん撮りたい。

aIMG_1301
ヤマボウシの剪定をした。
枝を選んで切るというよりは、バッサリと短くした。

ビオラはすっかり抜いてしまったし、タイツリ草の枯れた茎も整理した。
プランターの片付けもそろそろ計画しなければならない。
庭の片付け、とりわけ雪囲いの準備は北海道の庭の最大の特徴だ。

aIMG_1303
日差しが秋だ。
晴れた日の日差しは強い。
強いが朝は遅いし、日暮れが早い。
冬に向かって、咲く花が庭を彩る。
ケロネの花は、かわいいとは言いづらいせいか、あまり見かけない。
でも、多年草で越冬するし、花の時期も長い。
なにより、他の花が枯れ始める頃が盛りになる。
それに、今の時期の日差しに一段と映える。

aIMG_1268
色が美しい。
だが、花は小さく、数も少ない。
おまけに花びらがなんとなくいびつだ。
家の庭で、世代交代するうちにこうなった。
先祖返りなのか?
毎年こぼれ種で出て来るこういうペチュニアも好きだ。

aIMG_1269
これは、深い紫。
園芸種はもっときれいな花びらになる。
これは病気なのか?
有機野菜を食べていると、スーパーの野菜を見て驚く。
きれい過ぎて、なんだか食品サンプルを見ているようだ。
花でもそういうことはあるのか?

aIMG_1259
不思議だ。
今年は、株がどんどん大きくなっているようだ。
マリーゴールドは、花がらを取りやすいので、こまめに取っていた。
今年は、種を落とさせてやろうと花がらをほとんど摘まないでいる。
枯れた花がついているので、見た目は悪い。
でも、花がらをつけ、種をつけているのに、株はまだまだ元気だ。

aIMG_1266
8月の末、ホームセンターの園芸売り場は寂しくなっていた。
そこで、値引きの札の付いたガザニアとゼラニウムを買って来た。
ポットのまま、売り場に長く置かれていたのに、家の庭で咲いた。

aIMG_1262
去年初めて植えたガザニア。
去年の11月に特に何もしないで、鉢植えにして室内に入れた。
室内では、成長もせず、葉の色は白っぽくなったが、枯れもしなかった。
今年庭に植えたら、ちゃんと咲いた。
色も姿も派手だ。
ところが、日が照らないと咲かないし、日が陰るとすぐに花を閉じる。
蟻が来るということは、蜜でも出すのか?
でも、蜂は来ていないようだし?
アブラムシがついているのか?

aIMG_1245
北海道で多年草で生き続ける園芸種は限られてくる。
ケロネは、あまり世話をしなくても、我が家の庭に根付いた。
種を飛ばして、あちこちに自生する様子はない。
株が増えているようだ。
決して、派手ではないし、かと言って清楚という感じでもない。
個性派の花だ。

 マクロレンズや、マクロの機能のないカメラでは、花に近づいた写真は撮れない。では、マクロレンズを使えば、迫力のある植物の写真が撮れるのか?
 ごく安価なしかも古いカメラでは、できあがった写真の鮮明度の範囲は限られる。では、鮮明で発色の細かい写真は、良い写真なのか?
 
 カメラやレンズと、できあがった写真の良し悪しは関連はある。しかし、決定的な要素ではないと思う。
 私の場合は、自分が使うカメラと自分が撮って自分でいいと思う写真とは、つながりがないようだ。新しいカメラで撮れたきれいな写真は、カメラの機能に依存したきれいな写真というに過ぎないようだ。

このページのトップヘ