いつの間にか、白と赤の混じったものも咲くようになった。最初からこういう色のがあったのか、混じってこうなったのか、よく分からない。 ...

地植えなので、こんなに低い位置から見るには、地面に這いつくばらなければならない。レンズを通しての庭遊び。 ...

我が家のクリスマスローズは、育てている方から、分けていただいたものが多い。そして、家の庭で種を採り、少しずつ増えている。なので、細かい品種は分からない。色は、白とピンクと濃い赤がある。白は、目立ちはしないが、はっきりとした白で明るさもある。この高さにして ...

チオノドクサが咲いた。これは、植えた覚えがない。いただいた木の根元にあったものらしい。意識して植えたものでなかったので、去年まではなんとなくよそ者扱いしていた。でも、エゴノキの下の花壇でまとまってくると、いい味を出していて、見直した。 ...

クリスマスローズの花の時期だ。花はきれいだが、全体の姿もおもしろい。モノクロームにすると、花や蕾、まだ小さい葉の形が不思議だ。色は、地面の色と溶け合って、幻想のようだ。 ...

4月の庭の写真が多い。毎シーズンのことではあるが、毎回4月は新鮮だ。それに、まだすることが少ない。それで、カメラを持つことが多い。サンシュユが咲いた。 ...

ここは、今シーズンからの花壇。特に意識して植えていなかった場所に、球根を植えた。フクジュソウ、クロッカス、チューリップ。それに他にも。花は、春先だけなので、後をどうするか、また考えよう。 ...

この子たちを好きなのは、その名前がなんかいいから。それにとにかく寒さに強いから。北海道の地植えでは、まだ数は少ない。そのせいか、鉢植えで売られていて値段も高い。我が家では、やっと種を採り、庭で増やすまでいった。ほとんどは、カミさんがやったことだけど。でも ...

同じように見えるけど、小さな花でも毎日違う。今日のクロッカス。散り始めたものも多い。 ...

サンシュユの花芽が開き始めた。今年も、花芽のある枝が少ない。剪定の方法を考えなければ。 ...

↑このページのトップヘ