喫茶店のとなりは本屋

写真の腕を上げるつもりはありません。使っているカメラは初心者向きで十分です。でも、写真をたくさん撮りたい。

ヤマボウシが咲くようになると、庭の姿が変わり始める。春先の主役たちが、次々と舞台を降りる。次の舞台の主役は、高い位置。ヤマボウシとエゴノキの花だ。そして、低い所でも新しい花が。オダマキは、今までで一番よく育ってきた。 ...

オダマキ、小さくて、ヒョロッとおもしろい。クレマチス、寒くても、暗くても咲いている。この名前不明のものは、花が終わった。高山植物かもしれない。インパチェンス、日陰でこれからどんどん何度も花を付けてくれる。ビオラはこれからが、盛り。もうすぐタイツリソウの花 ...

クレマチスが咲いた。オダマキの小さい種類を買って、植えてみたが、消えてしまったと思っていた。今年、違う場所から芽を出した。ホヤホヤと頼りないが、花を付けた。北海道には、梅雨がない。でも、今年の六月は雨が多く、おまけに寒い。庭の草木は、雨が多いのは歓迎だ。 ...

ヤマボウシが咲いた。インパチェンスの苗を買ってきて植えた。日陰で咲き続けるのは、これが一番。インパチェンスは、こぼれ種で出て来ることがない。タイツリソウの花はそろそろ種を付けだす。今シーズンは、たっぷりと咲いて、楽しめた。こぼれ種のパンジー。こちらは、買 ...

ヒノデツツジもきれいに咲いた。近所のお庭を見ると、ツツジなど花の咲く樹木を中心にした所が多い。我が家の庭も、数年前までは、ツツジを中心にハギやシュウメイギクが多かった。マリーゴールドなどの一年草は、庭の一部分だった。クリスマスローズに関心が向いてからは、 ...

アストランティアが咲き始めた。ラズベリーは、花と実の準備。イヌツゲの新芽。アリッサムも咲き始めた。パンジーも咲き始めた。タイツリ草の花は色が褪せてきたものもある。白は元気に咲いている。アストランティアは、多年草で庭に定着した。パンジーとアリッサムは、こぼ ...

エゴノキの葉が茂ってきた。サンシュユは花が終わり、葉を茂らせる。タイツリ草は、まだまだ元気。今シーズン、苗で買ったビオラは、3色。白。黄色。紫。クリスマスローズには、袋をかけて種を採る。こぼれ種の芽をポットに。キンギョソウ、ガウラ、クリサンセマムなど。 ...

植えたいものの8割くらいは植えた。でも、まだまだ地面の面積の方が多い。でも、これがどんどんと変化するからおもしろい。ラズベリーがかなり伸びてきた。地面から覗いているようだった芽がこんなになった。 ...

買った苗木に付いていたのかもしれない。こういう花を、苗や種で買った記憶がない。葉に特徴がある。草丈はごく低い。花の大きさは、直径4~5㎝。数年前から庭にあるが、花が咲かない年もあった。名前を教えてくれる方がいらっしゃればありがたい。タイツリ草の盛りだ。花の ...

一気に咲いた。なんとなくひょうきんで、なんとなく不思議で。クスクス笑いをしているような。クリスマスローズが控えめ、幻想的とすれば、これらは、奇妙で、ユーモラス。 ...

日陰のクリスマスローズが咲き続けている。タイツリ草が花を咲かせる準備完了と声を上げている。白と赤、ほぼ同じ時期に花をふくらませそうだ。 ...

サンシュユは、花が終わりに近づき、葉が出てくる。春先の主役もそろそろその座を降りる。クリスマスローズの次の主役は、タイツリ草。花が膨らみ始めている。室内で冬越しをしたチェリーセージも庭で花を付けている。ビオラの苗を買ってきて植えた。自生のパンジーをポット ...

有茎のクリスマスローズも花が上を向きだした。無茎のものは、ほとんどがパラボラアンテナ状態。上向きになると、また様々な色を見せてくれる。花の色が変化するとしか思えない。ミニミニチューリップもそろそろ終わり。クリスマスローズの今頃は、本当に毎日変化するので、 ...

↑このページのトップヘ