朝日新聞2017/2/27 思いのままにやればいい タレント ジミー大西さん
aDSC_0028_001

記事のおおまかな内容
 ジミー大西さんの近況を教えてください、という読者からの要望に答えた記事。
・絵筆を折った理由。
 焼き鳥屋のアルバイト募集の張り紙を見たことが契機になった。
 「時給千円と書いてあって、僕の時給いくらなんやろ、と計算したら380円だった。それが、わかった瞬間、絵筆を全部折りました」
・バラエティー番組での最近の活躍について。
 「お笑いの新しい波についていくのがしんどい。でも年金もらうまでは食っていかないといけないんで」
・ゼロから絵を描きはじめて、数年でタレントをやめ、芸術の道へ進んだことについて。
 「自分ではただ瞬間、瞬間を生きてきただけ。先のことは全く考えなかった。先をみてたらコケますから」
・絵の再開について。
 「先のことはあまり考えていない。描く気分になったら描きたい。思いのまま生きてますから」

感想
 テレビ番組に出ているタレントさんに強い興味を持ったことはほとんどない。ジミー大西さんは私にとって不思議な存在だ。この人が出るからと、番組を選んだこともないし、好感を持ったこともない。それなのに、顔と名前が一致する。
 それは、この記事にあるような彼の生き方に惹かれるからだろう。私の若いころの価値観からすれば、最もダメな生き方だ。
 個性尊重、自分の人生だから自分の思うように、それは一部の才能ある人が実現できることで、みんながそうはできない。それが、現実の社会だ。今でもそう思う。
 ジミー大西は、特殊な才能を持った人であろう。しかし、成功している人とはいえない。成功していないし、安定もしていない。そして、彼自身が高い収入や安定した評価だけを追い求めているようには見えない。
 知っているのは、テレビや新聞記事で垣間見るジミー大西さんでしかない。しかし、こういう不器用さと不安定さを見せ続ける個性が、なぜか印象に残る。