aDSC_0132_001※文章と画像は関係ありません。
普段は、10ℓか20ℓの収集袋を使う。
紙屑の類を、先ず入れる。
次に生ゴミなど重みのあるものを入れる。
そうすると、紙屑は沈み、袋に余裕ができる。
布類などを最後につめる。
有料の袋なので、余裕があり過ぎるとなんだかクヤシイ。
まとめて捨てる物がある場合に、目分量で測った分量が袋にピッタリ収まると妙にウレシイ。
雪が解けると、生ゴミは発酵させて庭の肥料にするので、燃やせるゴミの分量はグンと減る。