喫茶店のとなりは本屋

写真の腕を上げるつもりはありません。使っているカメラは初心者向きで十分です。でも、写真をたくさん撮りたい。

2016年09月

 秋の花は菊が一番だ。コスモスもいかにも季節にふさわしい。
 我が家の庭には、そのどちらもない。両方ともやってみたが、しっくりこなかった。
 
 紫と白のペチュニアももう勢いはない。
 ナスタジウムも伸びすぎて、他のものを圧迫するので抜いた。
 ベゴニアも丈が伸びきった感じだ。

 マリーゴールドが勢いがよい。
 ガウラも相変わらず次々と花をつける。
 チェリーセージも何回目かの花をつけた。
 アリッサムは、今が一番元気だ。

 だが、庭全体が、もう秋というよりは冬に向かっている。
 剪定や植え替え、冬越しの準備が始まる。

 その前に一年草は抜き、雑草の始末がある。

幼稚園か保育園か、幼児たちがたくさんいた。
大きなカメラを持った人も多い。
大人はわりと速足。
子どもたちは、大人に連れられるままに歩く。

ロックガーデンの細道は、人影まばら。

aDSC_0076_001

暑さが去ったが、暑さと雨で花を落としたり、株の弱ったものが多い。
ペチュニア、インパチェンスなどは、だめになった株もある。
意外に元気なのが、ベゴニアだ。

aDSC_0145

株はかなり大きくなっている。今年はまだまだ花をつけそうだし、葉の色もよい。

 5、6月は、苗をたくさん買ってきて植えて、やることがいっぱいあった。
 8月の後半からは、クリセンスマムも弱り、カビにやられだしたので抜いた。ペチュニアも勢いがなくなった。
 暑くとも元気がよいのは、ナスタチウムだ。

aDSC_0163


aDSC_0165

ガウラとガザニアも花を次々につけている。

でも、これからの季節の庭を今年はどうすればよいか、迷っている。

このページのトップヘ