喫茶店のとなりは本屋

2017年01月

気持ちよさげに寝ている。夢でも見ているのかな。可愛い、メス猫がいるねえ、ねえ、一緒に屋根にのぼろうよなあんだ、振り向きもしないやうちへ帰って寝ちゃお…
>>続きを読む

猫用じゃないぜ。ネコの模様なんだ。マグカップって便利なもんだ。家じゃ一人分の味噌汁が残った時、マグカップに入れて冷蔵庫へ置いとく。けっこうこれが役に立つ。…
>>続きを読む

ごはんねだるの、兄ちゃん、いってよ。朝は、兄ちゃんが行ったんだから、今度はおまえいけよ。じゃあ、もう少し、がまんしてる。しょうがないなあ、おれがいくか。毎回毎回、ごはんをもらうことは、大変なことなんだ。人の場合だって。…
>>続きを読む

なんか、変な音がしたな。やっぱり、するな。あれは、窓の方からだ。よし、確かめに行こう。家の中の変化に気づくことは大切だ。音や匂い、それに温度、湿度。それと、同居人の気持ち。…
>>続きを読む

退職後すぐは、趣味の分野にのめり込むことで時間を過ごした。癌が見つかり、手術を受けてからは、趣味で時間を過ごすことが難しくなった。常に身体の状態と相談しながら、暮らすには、家の中で毎日できることを見つけることが必要だった。私の場合、それは、今までほんの少…
>>続きを読む

気温が低く、雪が積もった。朝食前に汗をかくほど雪かきをした。去年は、こんなに動けなかったし、熱が出ることも多かった。年末から熱が出ることもなく、体を動かすこともできるようになってきた。その代り、ちょっとでも動いた後は昼でも寝るようにしている。また、寝れる…
>>続きを読む

ガーデニングをやり始めた。ガーデニングは、自分でやる時間や程度を決めてやれば、それほど体に負担はかからない。動物ではないが、生命の世話をするというのは良い。ところが、天候や季節に制約される。北海道では、雪の積もっている間はどうしようもない。ガーデニングに…
>>続きを読む

夫婦といっても、一軒の家で暮らしているからには、共同生活。猫二匹は、言葉がないだけに喧嘩をしてもいつまでも覚えてなんかいない。猫は、猫だから、どこまでいっても自分のことは自分でする。人は、いろいろ分担して頼り合うけど、自分のことは自分でしなきゃと思うなあ…
>>続きを読む

二匹は、体型も毛色も性格も違う。一匹は、早起き。一匹は、寝坊。早起きは、昼間よく寝る。寝坊は、いつも人について歩く。まるで、人の二人みたい。私は、早起き。もう一人は、朝寝坊。昼でも、私は、きわめて寝つきがいい。なんで、こうなっているんだろ。…
>>続きを読む

新しい家を見せてもらった。くつろぐことのできる空間としてホームバーが、リビングとダイニングをつないでいる。上の画像は、バーの棚のスコッチのミニチュアボトル。バーといっても、メインはコーヒーのようだった。エスプレッソマシンと、上からはワイングラス。家に何を…
>>続きを読む

我が家のもう一人が、今日はみそづくりをしている。我が家は、電磁調理器だが、大豆を長時間煮るには向いていない。こういう時は、携帯ガスコンロの出番だ。蒸して、こねるのは、家庭用餅つき機だ。それにしても、一日がかりの仕事だ。私は、さして手伝いにならないので、昼…
>>続きを読む

※文章と画像は関係ありません。去年は、十一月から雪がたくさん降って、根雪になるのも早かった。その積もった雪がたっぷり残っている。でも、今年になってからはそれほどの降りがない。数日おきに降るが、積もっても十センチ以内だ。雪の降り方は毎冬違う。雪の積もり方も…
>>続きを読む

 抱いている猫の喉をなででやると、ゴロゴロと喉を鳴らす。こういう言い方をよく聞く。家の猫たちは違う。私が床に寝転んでいると、近づいて来て、自分からゴロゴロという音を立てる。それも、ゴロゴロなどというのんびりしたものじゃない。まるで、調子の悪いモーターみた…
>>続きを読む