書斎は犬と同居

子犬を新しく迎えて、我が家のペットは猫プラス犬になりました。

2018年04月

aIMG_6183
雪が庭を覆い、その雪が解けた。
いつの間にか芽を出し、寒い日もあるのにクロッカスが咲いた。
「今年もお庭の花を楽しみにしています。」
言ってくださる方がいるのがうれしい。
aIMG_1972
クリスマスローズの蕾もたくさん見える。

aIMG_2015
前立腺肥大。
すい臓癌。
ヘルニア。
白内障。
この何年間かでこれだけの病気を経験した。
そして、それぞれの治療のために手術を受けた。
どれも、治療計画通りに進み、それぞれの症状が以前よりよくなっている。
自分のことでありながら、驚いている。
手術をしてくれた医師、それを支える医療スタッフ、そして、医療制度や医療機器、それらの全てが機能してできる成果だと思う。
私自身は、手術の前は、不安になり、恐ろしさを感じた。
でも、それを拭い去るものがあった。
それが何だったかは、自分でもよく分からない。
現在の生活が、心身の状態を良い状態にしておきたいという気持ちに結びついたのかもしれない。

aaIMG_1891
文字を読むのは、必要な場合だけの生活を2か月続けた。
始めの内は、不便でしかたがなかった。
でも、1か月が経つ頃にはそれにも慣れてきた。
新聞は、郵便受けに入ったままという日もあった。
本は、本棚の背表紙だけを見ていた。
パソコンは、音楽プレイヤーとなっていた。
小さい活字に、無縁な生活も悪くなかった。

↑このページのトップヘ