書斎は犬と同居

子犬を新しく迎えて、我が家のペットは猫プラス犬になりました。

2019年01月

吹雪の中を歩いている人は、犬を連れた人。
吹雪の中をバイクに乗っている人は、郵便配達の人。
真冬でも晴れていれば、ウオーキングの人はいる。
でも、雪降りでなくて吹雪になると、ウオーキングの人も少ない。
まだ明けきらない朝、吹雪の中から犬を連れた人が現れる。
私とタローもその一人。

2019年を迎えました。
昨年は、当ブログを訪問してくださり、ありがとうございます。
本年も、訪問していただくことを願っています。

昨年の6月、タローが我が家に来てから、我が家の生活も変わり始めました。
このブログの内容も一変しました。
タローと、シンとカイは相変わらず激しく縄張り争いをしています。
その力関係は、変化し続けています。
タローが来て、2匹の猫シンとカイの活動が活発になったのもおもしろいことです。

私の方も、毎日約1時間ずつタローと外を歩くことが続いています。
これは、タローが来る前にはできなかったことです。
また、タローが来てからも、1日に2回ずつ散歩に行くなんて考えてもみませんでした。
でも、11月半ばからは、タローの成長と運動能力を見ていると、散歩が必要だと感じるようになりました。
今朝も、積もったばかりの雪の中を、首まで雪にうまりながら、タローは大喜びです。
私の体力がもつかどうか不安ですが、先のことはわかりません。
朝の散歩に出れば、無事に戻ってこれればいいなと思いますし、戻ってくれば、夕方の散歩にも行けたらいいな、と思っています。

↑このページのトップヘ