子どもの頃から病気には縁が深い。
肺炎で命を危ぶまれた。
風邪で熱を出すのは、珍しくなかった。
インフルエンザは、人より早く罹るので、インフルエンザ休校の時には治っていた。
aDSC_0034_001
こういう話題では、ところが何歳ごろからは元気になったとなる。
私の場合は、全然、健康にならず、どの年代も、内科、耳鼻科、眼科、泌尿器科と病気は増えた。
50代からは、慢性疾患も増え、自分でも病歴リストがないと思い出せなくなった。
今までで、いちばん真面目にやったのは、病気治療かもしれないなあ。