パソコンをどう使うは、思ったよりも重要なことだ。
服も靴も選び方ひとつで、生活の質を変えることさえある。
自動車も同じだ。
使う車種と運転の仕方で、人生が変わる。
流行りの車種を選び、乱暴な運転を続ければ、それで人生を棒に振ってしまう。
パソコンも、ネットでの買い物や手軽に情報を受け取るためにだけ使えば、役に立つ道具とは言えない。
私のように仕事では使わなくなったパソコンで何をするかは、意外に語られない。
ブログやSNSで、何かを表現するのに使えば、それでよいというものでもない。
例えば、鉛筆と紙があれば、それで何かを誰かに伝えるために使うことに意味がある。
パソコンも、パソコンを使って、自分がしたいと思う事をできるようにするところに意味があると思う。
ここ数週間は、持っているCDや今までに録音したものを整理して、より楽に聴くために、パソコンをどう使えばよいか、試行錯誤している。