書斎は犬と同居

子犬を新しく迎えて、我が家のペットは猫プラス犬になりました。

カテゴリ: 庭の草木

aIMG_3172
庭には土しか見えていない。
いろいろと植えてはいるのだが、春の花が終わった庭は、土だらけ。
aIMG_3254
色があるのは、盛りを過ぎたパンジーだけだ。

aIMG_3151

aIMG_3195

毎年花をつけ、木は成長している。
でも、北海道に適した木ではないようだ。
虫もつきやすいし、幹の色もあまりよくない。
毎年の剪定をうまくやると、もっと状態がよくなると思うが、その技術が私にはない。
でも、秋の剪定は工夫してやろうと思っている。

aIMG_3019
花をきれいな状態で見るなら、花がらは取らなければならない。
でも、種を期待するなら、種が成熟するまでそのままで待たなければならない。
種を期待しなくとも、枯れかけた花も、枯れてしまった草も、そのままがよいかと思う。

aIMG_3027

aIMG_3036

オダマキも花が終わる。

aIMG_3061
クローバー、これは、観賞用としてあるのを二、三年前に入れて、庭に定着した。
気をつけないと、増えすぎる。
増えすぎないように、抜いてやるのも大事な仕事。

aIMG_2984
ヤマボウシが咲き始めた。
aIMG_2971
ラズベリーが咲いた。
aIMG_2987
オダマキが咲いた。
風のまにまに揺れて咲く。
aIMG_2915
クレマチスが次々と咲く。
aIMG_2949
ゼラニュームの花の色が濃い。
庭に何株も植えたのは、今年がはじめてだ。
晴れの日が続き、庭に出る時間が長くなる。
おもしろいが、疲れもする。

庭のあちこちで芽をだしてきた丈が2~3センチほどのパンジーを植え直す。
aaIMG_2702
小さな小さなパンジーだけれど、移動しても枯れもしない。
aIMG_2709
一月ほどで、10センチくらいに育つ。
aIMG_2782
そして、一斉に咲く。

aIMG_2610
苗で赤と白の二株を買ったのが、数年前。
aIMG_2613
夏には、すっかり枯れた状態になり、春になると新芽を出す。
株が大きくなり、こぼれ種でも芽を出すようになった。
aIMG_2628
パンジーは、ずうっと庭で世代交代しながら育っている。
aIMG_2636
一昨年、黄色のパンジーの苗をたくさん買って植えたら、今年はいろいろな色のものが育ってきた。
aIMG_2655

↑このページのトップヘ