喫茶店のとなりは本屋

カテゴリ: テレビドラマの感想

BSプレミアムよるドラマ プリンセスメゾン  主人公ヌマちゃんのような生活っていいなあ。 家を買うために、他のことを切り捨てている。その切り捨て方がきれいだ。 服に金をかけない。食に金をかけない。もちろん、今の部屋にも金をかけない。趣味とか社交とかにも金を…
>>続きを読む

BSよるドラマ プリンセスメゾン 3回住まいを選ぶということは住み方を選ぶということなんだ。住み方を選ぶには、誰と住むのかが含まれる。誰と住むかを決めずに家を選んだらどうなるんだろう。一人で住む家を選んだら、そのまま一人で住み続けることになるのだろうか?  …
>>続きを読む

BSよるドラマ プリンセスメゾン 2回住まいというのは、どんな住まいかというよりは、どう住むのか、なのだと改めて思った。客は、ほとんど来ない。我が家の場合は、客間に通すべきような人など来たことがない。我が家には客間はないが。ドラマの沼ちゃんの場合は、カーテン…
>>続きを読む

BSプレミアムよるドラマ プリンセスメゾン 1回家は買った方がいいのか、借り続けた方がいいのか、一軒家がいいのか、共同住宅マンションがいいのか。もう迷うこともない年齢になってしまったが、最期をどこで迎えるかで迷わねばならない。どんな家にこれから住もうか、と必…
>>続きを読む

NHK BS プレミアムよるドラマ ママゴト 8回連続 最終話最終回よかった。映子と滋子の生い立ちがサラッと描かれて、ドラマに深みが出た。家族がなくてつらい経験を持つ滋子が新しい家族を手に入れて幸福になった。その家族とは、互いに何度目かの夫婦関係であり、子ども…
>>続きを読む

NHK BS プレミアムよるドラマ ママゴト 8回連続 第7話面白かった。今までの回は、映子の演技にドラマが支えられていたが、今回は子役二人を軸に登場人物それぞれが生き生きと描かれていた。互いに無理をして自己本位だった舞善と滋子の姿を、大滋と光が暴き出している。…
>>続きを読む

NHK BS プレミアムよるドラマ ママゴト 8回連続 第6話映子と大滋が別れ別れになって、ドラマは山場に差しかかるようだ。ただ、今回はあまり楽しめなかった。・大滋と舞善光二人の仲が接近する様子がよく伝わってこない。・高利貸しの橘が自分の子どもへの思いを言う場面…
>>続きを読む

NHK朝の連続テレビ小説 トト姉ちゃん 完結小橋家は、父の病死で一家の柱を失った。常子の祖母の青柳商店は、祖母が守っていた。青柳商店は、本来は常子の母君子が結婚し、君子の夫、婿養子になった人が営むべき家であった。祖母滝子は、孫常子に青柳商店を継いでほしかった…
>>続きを読む

NHK BS プレミアムよるドラマ ママゴト 8回連続 第5話映子の存在感が相変わらず強烈だ。「ちゃんとした」生き方について、考えさせられる。映子は、どう考えてもちゃんとしていない。滋子は、ちゃんとしようとしている。でも、大滋は映子を慕うし、表面的にはちゃんとし…
>>続きを読む

NHK BS プレミアムよるドラマ ママゴト 8回連続 第4話  テレビドラマとはいえ、魅力ある映像は欲しい。今回は、なんといっても少し寂しい遊園地の映像だ。どこでロケしたんだろう? 賑わう最新のアミューズメント施設の映像は、あくまでも華やかだ。それに比べて、映…
>>続きを読む

NHK BS プレミアムよるドラマ ママゴト 8回連続 第3話 気持ちの悪い登場人物が新しく出てきた。 大滋の母の恋人らしい舞善信。大滋の友達の女の子の父。 気味が悪いが、実際にいそうでもある。この二人は、自分は良いこと、正しいことをしていると確信している。 大…
>>続きを読む

NHK BS プレミアムよるドラマ ママゴト 8回連続 子役がいい。ドラマの子役のかわいいやけなげはあまり得意じゃない。こういう子役が見たかった。 安藤サクラの表情と衣装が魅力的。テンポがいい。暗い思い出をテンポよく描いている。…
>>続きを読む